医療法人財団 俊陽会 古川病院 神奈川区・子安で地域医療に徹して70年余。その実績を、さらに未来へ注いでまいります。

新病院紹介

TOP > 新病院紹介

医療法人財団 俊陽会 古川病院は、昭和12年(1937)に、ここ新子安駅前に病院を設立して以来、70年余にわたり地域医療に貢献してきております。
近年、激変する医療情勢の変化に対応し、地域住民の皆様のご要望にお応えすべく、平成23年(2011)12月1日規模を拡張して新病院を開院。さらなる革新と地域社会の健康増進を図ってまいります。

医療法人財団 俊陽会 古川病院 主な機能

  • 1. 病院規模の拡張。
     敷地面積   約1,083㎡ (約328坪)
     延床面積   約4,332㎡ (約1,313坪)
     鉄骨造 7階建
  • 2. 健診センターの設置、女性スタッフによる女性健診と関連施設の充実。
  • 3. 地域医療連携室の設置。
  • 4. 地域住民への災害時医療避難場所の提供。
  • 病院正面外観
  • 病院俯瞰
  • 待合ホール(1階)
  • 受付・会計(1階)
  • 健診センター 受付(2階)
  • スタッフステーション
  • 手術室(1階)
  • 機能訓練室(7階)
ページトップへ